Androidアプリを公開する

公開前チェックリストを確認しながら進めれば大丈夫

1. リリース用アプリの作成

  • リリース用にアプリを設定する。
    • Log 呼び出しを削除
    • マニフェスト ファイルから android:debuggable 属性を削除
    • build.gradle(Module)ファイルでversionCodeとversionNameを設定する。 versionCodeの数値はバージョンアップに伴って増加させないとならないので、お約束の方法、日付+2桁にすれば間違いない。 一方、versionNameは任意の文字列だが、普通にメジャーバージョン+マイナーバージョン+サブバージョンとかにする。

versionCode 22070701
versionName "0.1.0"

  • iconを作成
    Image Asset Studio を実行する。 res フォルダを右クリックして、[New] > [Image Asset] を選択。

    • アダプティブ ランチャー アイコンとレガシー ランチャー アイコンを作成
    • アクションバー アイコンまたはタブアイコンを作成
    • 通知アイコンを作成
  • アプリへの署名

  • aab (Android App Bundle)形式で、公開版アプリをビルドする。

2. デベロッパー アカウント作成

  • デベロッパー アカウント申込
  • 個人用
  • 登録料 $25 (痛い)
  • 本人確認書類(運転免許証)はカードの端も撮れていないと受付してもらえない場合がある。
  • 本人確認には数日掛かるらしい

3. リリース版アプリをテストする。

スマートフォンタブレットのそれぞれについて、少なくとも 1 つの対象機種でテストする。

  • ローカライズを計画する
    僕の場合は英語と日本語を用意している。 ローカライズ チェックリスト

  • Privacy Policy の作成
    下記の事項を盛り込んで、インターネットアクセス可能な場所で公開する。

    • 個人情報の収集
    • 問い合わせ先
    • 改定について
    • 制定日・改定日
  • 問い合わせ先メールアドレス
    公開可能なメールアドレスを用意する。

  • 内部テスト
    知り合いのGmail利用者にテストしてもらう。自分だけでも可。

    • アプリのPlayストアの掲載情報を作成
      スクリーンショット、アプリ名、説明文、プライバシーポリシー等。 ストアには大量のアプリがあるので、作ったアプリの他とは違う特徴を主張し、検索でヒットしやすいようなキーワードを入れ込む。
  • クローズドテスト(α版)
    内部テストと同様に知り合いのGmail利用者にテストしてもらう。自分だけでも可。 アプリのPlayストアの掲載情報は内部テストに問題が無ければそのままで良い。

  • オープンテスト(β版) アプリのPlayストアの掲載情報はクローズドテストに問題が無ければそのままで良い。

4. アプリを公開する

アプリのPlayストアの掲載情報はオープンテストに問題が無ければそのままで良い。 審査が済むと晴れて「製品版」として完全公開となる。

祝!初公開アプリ:ミニマリスト置時計

5. アプリの改善

アプリを公開すると、自分だけでは気づかなかった改善点が見えてくる。 ユーザーからのレビューであったり、統計情報であったり。 統計情報ではユーザー数やアンインストール数の国別も分かるので、特定の国のユーザーがすぐにアンインストールようであれば、その国の言語等で何か不具合が生じている可能性が高い。

Appendix おまけ

審査

リリースやストアの掲載情報を更新するとステータスが「審査中」になる。 審査完了後に更新内容に公開される。 立て続けに更新すると、審査には丸1日以上掛かる時もある。

Analyze APKしたAndroidManifest.xmlファイルでエラー表示

xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android" がエラー "URI is not registered (Settings | Languages & Frameworks | Schemas and DTDs)" となることがあるが無視して良さそうだ。